ホーム > リフォームお役立ちコンテンツ > リフォームハッピーエピソード > リフォームの検討にかける時間は一体どれくらい?

リフォームの検討にかける時間は一体どれくらい?

みなさんはリフォームをしたい!と考えていても「リフォームの工事開始までにどのくらいの期間が必要になるのかわからない」「どんな段取りで時間がかかるのか不安」「みんなはじっくり検討しているの?」「みんなはもっと早く決めているの?」というお悩みを抱え、ご自身のリフォームについて不安になっている方もいるのではないでしょうか?
リフォームハッピーエピソード第五回ではリフォーム経験者リフォーム検討にかけた実際の期間」をテーマにアンケートを採ってみました。


リフォームの見積から発注(依頼)までに、どの位の期間をかけましたか?

リフォームの見積から発注(依頼)までに、どの位の期間をかけましたか?アンケート結果

アンケート結果

質問

リフォームの見積から発注(依頼)までに、どの位の期間をかけましたか?

エピソード別の回答数

1ヶ月:31%
2〜3ヶ月:30%
半月:14%
半年以上:13%
1週間:12%

【全国WEBアンケート調査】
 期間:2015年9月
 対象:30〜60歳 合計100名

31%はリフォーム価格を比較して検討すると約1ヶ月

30代/女性/自由業・フリーランスの声

トイレのリフォームをしました。床を新しく張り替え、足の悪いおばあちゃんのために便座を和式から洋式に替え、手すりを付けてもらいました。打ち合わせは3回ほどで、タイルや便座を選んだりして、1ヶ月くらいで終わりました。業者さんの仕事の都合や、商品の入荷状況で、期間が変わりますが、思ったより早かったです。(30代/女性/自由業・フリーランス)

あいみつをとって、業者選定に時間がかかりました。キッチンのリフォームですが約1ヶ月の検討期間がありました。(30代/男性/会社員)

30代/男性/会社員の声
30代/女性/パート・アルバイトの声

浴槽と浴室のリフォームの際に各社のリフォーム内容をじっくりと比較したかったので1ヶ月ほどかけました。(30代/女性/パート・アルバイト)

風呂場のリフォームの際に、複数業者の見積もりを取るのに約1ヶ月かかり、その中から業者を選んだから。(30代/男性/会社員)

30代/男性/会社員の声
30代/女性/契約派遣社員の声

キッチンのリフォームをするときに1ヶ月ほど前に依頼しました。1ヶ月あればゆっくり相談して、満足のいく結果がでると思ったので。(30代/女性/契約派遣社員)

トイレのリフォームをする際、やはり将来的なことを考えて介護面と金銭面と共に納得いくまで業者と話し合って約1ヶ月です。 リフォーム内容は和式便器を洋式便器に変えてバリアフリーにしました。(30代/女性/会社員)

30代/女性/会社員の声

アンケートの結果、「1ヶ月」と回答した方が31%で最も多いという結果になりました。 1ヶ月かけて慎重にリフォームの検討をしたという意見が多く見られました。多額の費用がかかるリフォームだからこそ、 短期間ですぐに決めてしまうということではなく、じっくりと検討して考えたいということです。 また、リフォーム業者の見積もりを比較するのに1ヶ月かかったという声がありました。納得して工事を依頼するためにも、しっかりと見積を行っていることがうかがえます。

2〜3ヶ月の方はリフォーム範囲拡大や慎重派!

40代/女性/専業主婦の声

リフォームの際に、和室を洋室にチェンジをしましたが、洋室にした部屋のドアが気に入った物がリストから見つからず、持ち込みとなった事と、担当の方と予定が中々合わず、打ち合わせの間がその都度空いてしまい、2ヶ月ぐらいの時間がかかりました。(40代/女性/専業主婦)

複数の業者に現地調査に来てもらうと、それだけで1〜2週間はかかります。それから各社の見積もりが揃うのに2週間。検討して、細かな仕様を自分なりに決め、業者と交渉しながら見積もりを修正してもらっていると、あっという間に2ヶ月経ってしまいました。(30代/男性/自由業・フリーランス)

30代/男性/自由業・フリーランスの声
50代/女性/専業主婦の声

キッチンのリフォームの際に一括見積もりサービスを利用したところ見積内容に差があり、比較検討に3ヶ月の時間がかかったから。(50代/女性/専業主婦)

部屋全体の間取りをどうするかに時間をかけた。2〜3ヶ月でも足りなかった(40代/男性/会社員)

40代/男性/会社員の声
40代/女性/パート・アルバイトの声

お風呂のリフォームの際に、2〜3ヶ月はかけました。数カ所の展示品を見に行ったり、自分の家のお風呂場のサイズなどの計測、予算の決定などで2〜3ヶ月の期間がかかりました。(40代/女性/パート・アルバイト)

壁紙が剥がれてきて検討が始まりリフォーム業者に声をかけました。 すると階段のカーペットや、床材など範囲がひろがり、リフォーム業者が提案してくれたお得な水回りリフォームパッケージ の検討をすると時間がかかり打ち合わせ開始から一期工事の壁紙張替まで8ヶ月ほどかかりました。(50代/男性/個人事業主)

50代/男性/個人事業主の声

1ヶ月という意見に次いで「2〜3ヶ月」30%、「半月」14%、「半年以上」13%、「1週間」12%という結果になりました。 「2〜3ヶ月」の回答中に、「時間が足りなかった」という声がありました。やはり慎重に検討したいという思いが伝わってきます。 また半年以上かけた方は、さらに細かく検討を重ねていることがうかがえます。 その一方で、1週間や半月というほかの意見に比べて短期間で見積から発注を終えた方もいました。短期間で終わった方の中には、その場ですぐに決まったという方もいて、どのような業者に対応してもらうかという点も発注までの期間に影響するのかもしれません。

「急がば回れ」で理想のリフォームに!

アンケートの結果をみると、61%の方が見積から発注までに1ヶ月以上の期間がかかっていました。これらの回答を頂いた方からは、家族が住む家だからこそ「しっかりとしたリフォームを頼みたい」「理想に近づけたい」という思いや、 「計画的なリフォーム費用の調整」をしていたことが読み取れました。
反対に、一週間で決めたという方は 「早い段階で納得できるリフォームプランに出会えた」ことや、「めぼしいリフォーム業者を見つけていた」ことがポイントになっておりました。しかし12%と非常に少数です。現実的には「複数のリフォーム業者の見積もり」や「実際の展示物」などを見て、慎重に検討を行うことが「理想のリフォーム」に近づけるのではないでしょうか?「急がば回れ」をオススメいたします。

リフォームお役立ちコンテンツ関連記事リンク

業者選びの道しるべ
教えて!リフォーム費用のコト
リフォームハッピーエピソード
 

施工店のご紹介

全国にあるHORP会員事業者(施工店)が、お客様のリフォームニーズにお応えします。お客様満足の最大化を追求するため、各種研修・セミナーを実施し技術力と品質の向上を図っている信頼できるパートナーです。>>こちらから施工店を探すことができます。

PAGE TOP